一対一の難しさ。

一対一の難しさ。

コールセンターというと、皆さん、どんなイメージでしょうか。大勢のスタッフが居て、それぞれが単独で仕事をこなしている、そんなイメージではないでしょうか。

 

確かに、コールセンターは基本的には単独で電話の向こうのお客様に対応しなければいけません。顔が見えない分、その場、そのお客様に合わせた臨機応変な丁寧な対応が必須となります。電話をかけて注文をしてくるお客様はさまざま。多くのお客様はただ注文をして、決済、商品の発送と受け取りというシンプルな購入を行うのですが、時には、ちょっと理不尽な事を言われるお客様ももちろんいらっしゃいます。対応する際は、まずお客様の話を十分聞いてあげることが大切です。それから適切な対応を取る必要があるのですが、そんな時のコールセンターの担当者の対応一つで、その会社のイメージが決まってしまう、という怖さもあります。

 

しかし、物事をそのように消極的にとらえるのではなく、これは言い換えると、コミュニケーション能力を培うとても良い機会ですので、バイトを自分のコミュニケーション能力の向上の為、と捉えてみるのはどうでしょうか。どんな仕事においてもコミュニケーション能力は必要不可欠。逆にこれさえあれば大抵の仕事は出来ると言っても過言ではありません。